メルセデス・ベンツ 新型Eクラスワゴンを公開

メルセデス・ベンツから新型Eクラスワゴンが公開された。
新型Eクラスワゴンは、2009年1月にデビューした新型Eクラスセダンをベースにしたステーションワゴンだ。

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスワゴン

Eクラスセダンとの違いは、ステーションワゴンならではの荷室の広さと、リアサスペンションのメカニズム。

荷室容量は、最大1950L(VDA計測法)で、簡単にリアシートを折りたたむことができるクイックホールドにより、室内および荷室側の両方からワンタッチでリアシートを折りたたみ可能となっている。
このほか、電動開閉式リアゲートの動きに連動し、トノカバーも自動的に開閉するイージーパックも導入された。
荷室のフロア下にはサブトランクが設けられる。

新型Eクラスワゴンのリアサスペンションは、積載する荷物の重量に応じて、車高を自動調整するセルフレベリング機能が組み込まれた他、アダプティブダンピングシステムのダイレクトコントロールを採用した。

エンジンのラインアップや安全面はセダンと同様となる。

新型Eクラスワゴンは、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表される。
ドイツでは8月5日に受注が始まり、納車は11月21日にスタートする予定だ。

メルセデス・ベンツEクラスワゴン

排気量:1795~5461 cc

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン

 
コメントはありません

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスワゴンを公開へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスワゴンを公開 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…