ホンダ エアバッグ欠陥で44万台をリコール

ホンダは、エアバッグの欠陥により、アコードやシビックを含む44万台をリコール申請した。

ドライバー側のエアバッグが過度の圧力により破裂し、金属破片が飛び出す恐れがある。
国内での不具合報告はないが、米国では1件の死亡事故を含む7件の事故が発生している。

リコール対象は、2001年3月~10月に生産されたインスパイアとセイバー、2001年~2002年に生産されたアコードの一部、2001年に生産されたシビックおよび2002年~2003年に生産されたアキュラTLの一部。

車買取ならカービュー
コメントはありません

ホンダ エアバッグ欠陥で44万台をリコールへのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

ホンダ エアバッグ欠陥で44万台をリコール 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…