メルセデス・ベンツ 新型Eクラスクーペを発売

メルセデス・ベンツは、新型Eクラスに2ドアクーペモデルのE350クーペ、E550クーペを追加設定した。

新型Eクラスクーペ

新型Eクラスクーペは、5月にフルモデルチェンジしたEクラスセダンと共通するスタイリングと上質なインテリア、走行性能に加え、クーペモデルの伝統であるピラーレスサイドウィンドウ、さらには独自のフロントグリルにより美しさとスポーティさを融合したデザインとなっている。
Eクラスクーペの復活は14年ぶり。

新型Eクラスクーペのインテリアは、ゆとりある空間設計と4座独立式のシートコンセプトを採用し、前後シート間隔は789㎜と大人4人がゆったり過ごすことができる室内空間を実現するとともに、後席乗車時に前席を倒すだけで自動的に電動で前席が前後移動するイージーエントリー(リヤ)が装備される。

E350クーペは、3.5LのV6DOHCエンジンを搭載し、走行状況に応じて減衰力を自動調整するセレクティブダンピングシステムを搭載したアジリティコントロールサスペンションを採用した。
また、E550クーペには、5.5LのV6DOHCエンジンを搭載し、連続可変制御ダンパーを備えた電子制御エアサスペンションシステム「ダイナミックハンドリングパッケージ」を採用した。

両モデルともに速度や走行状況によってパワーアシスト量を調整する「パラメーターステアリング」が標準装備される。

新型Eクラスクーペでは安全面がより強化されており、軽量高剛性の高張力鉄板、アルミニウム、樹脂素材などのさまざまな素材を適所に使用し、乗員保護性能をいっそう高めるボディとなっている。
さらに、9つのエアバックや居眠り運転防止装置「アテンションアシスト」などを全車に装備している。

環境性能では、メルセデスの最新環境テクノロジーであるブルーエフィシエンシーによる燃費効率の改善が図られ、駆動ロスを低減する省エネルギータイプのオルタネーターやパワーステアリングポンプ、エコタイヤを採用している。
燃費向上に貢献する空力性能は量産車トップレベルのCd値0.24を実現した。

E350クーペは平成17年排出ガス基準75%低減レベル認定を、E550クーペは平成17年排出ガス基準50%低減レベル認定を取得している。

価格は、E350クーペが860万円、E550クーペが1095万円。

メルセデス・ベンツEクラスクーペ

排気量:1795~5461 cc

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

 
コメントはありません

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスクーペを発売へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスクーペを発売 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…