新型プリウス 国内供給台数を引き上げ

トヨタは新型プリウスの国内供給台数を月2万台から月2万5000台へと引き上げる方針を明らかにした。

新型プリウス (3代目)

新型プリウスはエコカー需要の中で受注総数は24万台を超え、増産を発表していたものの納車時期は4月以降までずれ込むとされていた。
今年度内に新車登録できなければエコカー補助金の対象とならない可能性があることから、供給台数を増やし受給対象外となってしまう顧客をなるべく減らしたい考えだ。

トヨタプリウス

排気量:1797~1797 cc

トヨタ プリウス

 
コメントはありません

新型プリウス 国内供給台数を引き上げへのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

新型プリウス 国内供給台数を引き上げ 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…