日産 低コストでガソリンエンジンを低燃費に

日産は、ガソリンエンジンの燃費を低コストで向上させる燃料噴射機構デュアルインジェクターを開発したと発表した。
デュアルインジェクターは、直噴エンジンと違い、通常の圧力で燃料を噴射するためコストは同排気量の直噴エンジンと比べると約60%低く抑えることが可能だという。

日産 デュアルインジェクター

通常、ガソリンエンジンのインジェクターは、1気筒あたりひとつ配置され、2つの吸気ポートにむけて燃料を噴射しているが、デュアルインジェクターでは、各吸気ポートごとにインジェクターを設ける。
これにより燃料噴射時の燃料粒径を従来の約60%にまで小さくすることができ、燃焼を安定させる効果がある。

さらに、デュアルインジェクターの採用により、噴射された燃料の気化スピードが速まるため、燃料の燃え残りが少なくなり、排出ガス中の炭化水素(HC)の発生も抑制できる。
このため、触媒中の貴金属使用量を従来の2分の1から4分の1に低減することが可能となる。

また、吸気側だけでなく排気側にも連続可変バルブタイミングコントロールを搭載し、デュアルインジェクターとの組み合わせで約4%の燃費向上を実現している。

日産は、このシステムを2010年度初頭より小排気量エンジンに採用する予定としている。

車買取ならカービュー
コメントはありません

日産 低コストでガソリンエンジンを低燃費にへのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

日産 低コストでガソリンエンジンを低燃費に 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…