ジャガー 新型XJ 発表

ジャガーは新型XJを発表した。
XJは、ジャガーのラインナップの頂点に位置するサルーンで、独特のデザインと他社の同じクラスのサルーンに比べて150kg程軽量のアルミボディが特徴。

ジャガー XJ

ジャガーXJは従来、低い全高、ロングノーズ、ロングデッキというスタイルであったが、新型XJでは大胆にデザイン変更を行っている。
新型XJは、歴代のXJよりもデザイン的にはクーペのXFに近いデザインとなり、直線的なデザインから曲線的なデザインへと変更された。
これにより、空気抵抗はCd値0.29とジャガー史上最良の数値となる。

軽量高剛性を実現したアルミボディは、50%がリサイクル素材とされ、パーツの85%がリサイクル可能だ。
また、アルミボディの採用によりライバルとなるSクラスや7シリーズと比較すると約150kgの軽量化に成功している。

ボディのラインアップは、現行と同様にショートとロングが設定され、ショートでは全長5123×全幅1895×全高1448mmと現行よりも幅を除き若干サイズアップしている。
ロングも全長5248×全幅1895×全高1448mmと125mm程長くなり、後席の居住性がアップしている。

新型XJは5L V8エンジンを搭載し、スーパーチャージャー搭載のスーパースポーツでは最大出力510ps、スーパーチャージドではデチューン版で最大出力470psを発生する。
直噴NAエンジンを搭載するプレミアムラグジュアリーと、ポートフォリオでは、最高出力は385psとなる。

走行性能については、エアサスペンション「アクティブダイナミクス」、電子制御リアデフ「アクティブディファレンシャルコントロール」、クイックレシオのパワステなどで、高いレベルを追求している。

インテリアは、レザーやウッドなど最上の素材を使用し、ジャガーらしい仕上がりだ。
丸型の空調ルーバーにはメッキ処理が施され、クラシカルな雰囲気が演出された。
XFやXKで採用されたオーバルデザインの6速ATのセレクターダイヤルも装備され、エンジン始動に合わせてセンターコンソールから出現する。

新型XJは、ヨーロッパで予約受付を開始しており、2010年初頭にデリバリー開始予定。

ジャガーXJ

排気量:4999~4999 cc

ジャガー XJ

 
コメントはありません

ジャガー 新型XJ 発表へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

ジャガー 新型XJ 発表 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…