VW 新型ポロ ドイツで受注2万4000台突破

VW(フォルクスワーゲン)は、新型ポロ(Polo)のドイツでの受注台数が2万4000台以上に達したことを明らかにした。
新型ポロは7月に欧州全域で販売がスタートする。

フォルクスワーゲン 新型ポロ(Polo)

新型ポロは現行と比較するとボディサイズが全長3970mm×全幅1682mm×全高1453mmと若干大きくなっている。
日本では国産車とはちょっと違うおしゃれなコンパクトカーとして人気があるため、ボディサイズが少し心配ではあるが、内外装の品質は大幅にアップしている。

室内はソフトタッチのプラスチックで、内装の照明はすべてホワイトのバックライトとなる。
アルミパネルなども採用して、質感が大幅にアップした。

新型ポロでの変更点として忘れてはならないのが安全性の向上である。
ボディ剛性の引き上げや各部の補強により、前面衝突時の安全性は約50%、側面衝突時の安全性は約20%アップしている。
ドイツ車らしく、ヘッドエアバッグやヒルホールドコントロール付きESPなどの安全装備は、全車標準装備となる。

また、環境性能においても大きく向上しており、燃費は現行型と比較して最大で20%向上しているという。

フォルクスワーゲンポロ

排気量:1197~1389 cc

フォルクスワーゲン ポロ

 
コメントはありません

VW 新型ポロ ドイツで受注2万4000台突破へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

VW 新型ポロ ドイツで受注2万4000台突破 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…