郵便事業会社 EV40台を導入

日本郵政グループの郵便事業会社は、取引先企業の訪問に使う営業用などとしてEV(電気自動車)を7月下旬から導入すると発表した。
導入するのは、三菱自動車のアイ・ミーブと、スバル(富士重工業)のプラグインステラで、それぞれ20台ずつを配備する。

三菱 i-MiEVプラグインステラ

EVが導入されるのは、充電設備などインフラ整備が進む神奈川県内の34支店と、東京、大阪などの3支店。
郵便事業会社は乗用車を約1900台保有しており、今後、更新車両からEVなどに順次切り替える方針としている。
また、実証実験中の郵便集配業務に使うEVも導入することも検討している。

EVは走行中にCO2を排出しないため、地球温暖化防止に向けた環境保全活動の一環として導入される。
EVの導入でコスト削減にもつなげたいという。

三菱アイミーブ

排気量:~ cc

三菱 アイミーブ

 
コメントはありません

郵便事業会社 EV40台を導入へのコメント

コメント一覧 (0件)

No comments yet.

郵便事業会社 EV40台を導入 関連記事

 
エコカー補助金が復活 12月20日登録分から
経済産業省はエコカー補助金の交付対象を20日以降の新規登録車両とすると発表した。 エコカー補助金は、一定の燃…
マツダ RX-8
マツダ RX-8の生産を2012年初夏で終了
マツダは、RX-8の生産を2012年初夏で終了すると発表した。 RX-8の生産終了で、市販されているロータリ…
ホンダ ビート
ホンダ ビート復活へ!後継車を開発中
ホンダは、ビートの後継車となるスポーツカーを数年内に投入する方針を明らかにした。 ビートは、1990年代に販…
 
トヨタがハイブリッド車の生産を再開
トヨタはハイブリッド車の生産を再開する。 トヨタの東北関東大震災の影響を受け全工場で操業を停止していたが、愛…
 
自動車各社 震災の影響による生産停止が長期化
震災の影響で、自動車各社の生産停止が長期化している。 影響は国産車のみならず、部品調達の関係から輸入車に関し…