2009 年 5月 アーカイブ記事一覧 (4ページ)

スバル 2011年にもハイブリッド車発売へ

スバル(富士重工業)の森郁夫社長は20日の新型レガシィの発表会で、2011年にもハイブリッド車(HV)を発売する方針を明らかにした。
筆頭株主のトヨタ自動車からハイブリッド技術の提供を受け、スバルブランドの車に採用するという。
スバルは7月に電気自動車を発売する予定で、ハイブリッド車の投入によりエコカーのラインアップ拡充を狙う。
トヨタも電池などの部品をスバルと共通化することでコスト引き下げを目指す。

コメントはありません

新型プリウス 今度はソーラーを動力源に

新型プリウスにオプション装備可能なソーラーパネルだが、現状ではその電力はベンチレーションシステムにしか使えない。
トヨタは、このソーラーパネルからの電力を走行の動力源として利用できるよう、2〜3年後を目処に新型プリウスを改良する。

燃費向上が目的だが、実現すれば太陽光を動力源とする世界初の市販車になる。

コメントはありません

マツダ 全工場稼働へ

マツダは6月に予定していた工場の休業を取りやめることを決定した。
これにより、7ヵ月ぶりに全工場が稼働することとなる。

マツダでは、ヨーロッパでの新車買い替え補助制度によりドイツやフランスでの需要が増えていることに応えるため、デミオやロードスターを増産する。
マツダは在庫を減らすため、昨年12月から毎月休業日を設けていた。

コメントはありません

マセラティ クアトロポルテGT Sを発表

マセラティはクアトロポルテのスポーツモデルとしてクアトロポルテGT Sを発表した。

マセラティ クアトロポルテ GT S

ベースとなるクアトロポルテはマセラティの主力モデルで、排気システム改良により4ドアセダンながら440psまでパワーアップし、最高時速は、285km/hとなる。
販売目標は今年80台。

マセラティは世界的不況な中でも好調な自動車メーカーで、日本でも去年は過去最高となる580台を販売した。

コメントはありません

新型レガシィ(5代目) 旧型レガシィとの違い

新型レガシィ (5代目)

本日発表された5代目にあたる新型レガシィについて、旧型にあたる4代目レガシィと比較する。
とは言っても、ボディサイズの大型化や排気量アップは各所で書かれているため割愛し、見えない部分での大きな進化について重点的に解説したいと思う。

まずは価格から。
4代目は、レガシィツーリングワゴンが215万円から352万円(S402を除く)、レガシィB4が209万円から337万円(S402を除く)、アウトバックは276万円から368万円というラインアップ。
これに対し、新型となる5代目レガシィは、レガシィツーリングワゴンで236万円~344万円、レガシィB4は220万円~328万円、アウトバックは267万円~370万円となり、大幅な進化を遂げているにも関わらず据置価格という印象だ。

では、新型レガシィでの大幅な進化とも言える技術面での進歩を紹介しよう。

コメントはありません

エコカー減税

正式名称は「自動車重量税・自動車取得税の特例措置」と「自動車税のグリーン化」。
新グリーン税制、環境対応車普及促進税制とも呼ばれる。
CO2削減のため低排出ガス車や低燃費車など環境に優しいクルマを購入した場合に税金を優遇するというもの。

続きを読む »

コメントはありません

オバマ大統領 全米規模での自動車燃費基準を提案

オバマ米大統領は5月19日、全米規模で初めてとなる自動車の排出ガス規制と新しい燃費基準を提案した。
温室効果ガス削減のほか原油輸入依存の軽減を目指す。

提案内容は、2016年までに普通乗用車の燃費基準を1ガロン当たり35.5mile(6.6L当たり100km)に設定するというもの。
環境保護局(EPA)に対して初めて、排出ガスの規制を行うよう指示する。

オバマ大統領はホワイトハウスで「現状はもはや受け入れられない。われわれは数十年にわたり、米国の乗用車およびトラックの燃費向上に対してほとんど何もしてこなかった」と述べた。
新基準の導入で石油を18億バレル節約でき、1年間で5,800万台の乗用車を減らすのと同じ効果があるという。

コメントはありません

ロバート・デ・ニーロ:スバル レガシィ (5代目)

スバル(富士重工業)の5代目となるレガシィの国内新広告キャンペーンはロバート・デ・ニーロが起用された。

ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro, Jr.)は、アメリカ合衆国出身のイタリア系俳優。
映画「ゴッド・ファーザー パートII」「レイジング・ブル」で2度、アカデミー賞を受賞している。

続きを読む »

コメントはありません

新型レガシィ 正式発表

スバルから5代目となる新型レガシィが発表された。
「グランドツーリングイノベーション、はじまる。」というキャッチでリリースされた新型レガシィ。
特徴は一回り大きくなったゆとりのボディと、新開発の縦置き型CVT「リニアトロニック」の搭載である。

新型(5代目) レガシィ

新型レガシィの発売を受け、スバルディーラーではレガシィデビューフェアを開催する。
開催日は5/23(土)、24(日)、30(土)、31(日)、6/6(土)、7(日)の6日間で、店頭でアンケートに答えると「LEGACY プルバックミニカー」がもらえる。

コメントはありません

SAAB 保護期間延長を申請

GM(ゼネラル・モーターズ)傘下のサーブ(SAAB)は、身売り先の候補を10社から3社まで絞ったとし、債権者からの法的保護期間の3ヶ月延長を申請した。
買収交渉は5月いっぱい続けられる予定で、候補先となる3社は公表されていない。

コメントはありません